2008年11月05日

映画レッドクリフを見る前に

もうみなさん映画レッドクリフは見ましたか?

見る前に三国志の歴史なんかをちょっと知っておくと、また違った楽しみ方ができますよ♪

ということで、今日は三国志についてちょっと触れたいと思います。

そもそも映画レッドクリフの舞台である、三国志とは三国志とは、名前の通り、魏・呉・蜀の三つの国が覇権争いをしたことから付いたもので、三国時代のことを記した歴史書が、元蜀の家臣で後に西晋に仕えた陳寿によって『三国志』と名づけられた事からそう呼ばれるようになりました。

三国志時代は曹操(魏)・孫権(呉)・劉備(蜀)らが争い合ったことは歴史に詳しくなくても、なんとなく聞いたことがあるかと思います。

その後、歴史書の『三国志』やその他の民間伝承を基として唐・宋・元の時代にかけて、これら三国時代の三国の覇権争いを基とした話が好まれ、その話を基として明の初期に羅貫中らの手によって『三国志演義』として成立しました。

多分、漫画やアニメなどになっているのは、『三国志演義』を元にしたものが多いと思います。

レッドクリフは、この覇権争いの中の戦の一つ「赤壁の戦い」が描かれています。

ちなみに、この「赤壁の戦い」は個人的にすごく好きな戦の一つです(笑)

しかし、レッドクリフは100億円の製作費を費やしたと言ってますが、今はパート1なわけですよね?

いったい完結するまでに何億かかるのやら…(笑)

やっぱり日本とはお金のかけかたが違いますね!
posted by thor at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画タイトル ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109125274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。