2009年01月28日

映画 沈黙の激突レビュー




■ストーリー

無差別攻撃によって部下を失ったローソン司令官(スティーヴン・セガール)は、麻薬組織壊滅のため立ち上がる!トップクラスの生化学者である恋人のティアは、軍の化学兵器研究プロブラムの責任者を務めており彼を助けようとするが、そこには彼女の力でも解明が難しい強力な薬によって肉体が進化した最強の敵が立ち塞がる!


■スタッフ・キャスト
《製作》スティーヴン・セガール
《監督》ミヒャエル・ケウシュ
《脚本》スティーヴン・セガール
《出演》スティーヴン・セガール、リサ・ラヴランド

スティーブン・セガールの沈黙シリーズ。
ド派手なアクションと、スティーブン・セガールのみごとな格闘シーンが売りの沈黙シリーズ。

が。。。

沈黙の激突はちょっと違います。

普段の沈黙シリーズを想像して見ると、期待を裏切られた感が残ってしまうので、全く別な映画と思ってみた方がいい作品でしょう。

なんと言うか…個人的にはいまいちでした(苦笑)

相変わらず、スティーブン・セガールは強かったですけどね(笑)

沈黙の激突予告編
楽天レンタル<無料で最大8枚までCD、DVDがレンタルできます>
楽天レンタル



映画「沈黙の激突」DVD評価は

★★(★5つ満点)

posted by thor at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画タイトル た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。