2009年02月02日

映画 アポカリプト DVD レビュー





映画 アポカリプト

■ ストーリー
『パッション』のメル・ギブソンが放つサバイバルアクション。マヤ文明滅亡前夜の中央アメリカ密林地帯を舞台に、狩猟民族の青年が過酷な運命に立ち向かう姿を残酷かつ壮大に描く。当時の風俗や祭祀の様子を徹底調査の上忠実に再現。R-15作品。

キャスト
ルディ・ヤングブラッド:ジャガー
ダリア・エルナンデス:セブン
ジョナサン・ブリュワー:ブランテッド
モリス・バードイエローヘッド:フリント・スカイ
映画アポカリプトはDVDで見たんですけど、感想は…

(; ̄ー ̄)...ン?

一言で表すと↑の顔文字状態。

CGなどは一切使わずに体当たりのアクションが見どころだと思うんですけど、ちょっと物足りない感じです。

アポカリプトはマヤ文明のころのことを描いているので、終始半裸。さらに武器は弓やこん棒など。
歴史的にこれが真実かという点では、どうかはわかりませんけど、当時の様子をイメージするにはいい映画かもしれません。

個人的にはよく分からないまま終わってしまいました(笑)
メル・ギブソン=ド派手なアクションと思って期待してたのがいけなかったのかもしれませんが…。

アポカリプトは古代文明が好きな人・最近の映画にないアクションが見たい方々にお勧めです。

映画アポカリプトDVD評価は

★★(★5つ満点)


ネットでDVDを借りるなら!


posted by thor at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画タイトル あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。