2009年03月10日

映画レビュー「ウォンテッド DVD」




ウォンテッド 映画 DVD レビュー

■ キャスト/日本語吹替え
    ウェスリー(ウェスリー・ギブソン):ジェームズ・マカヴォイ/DAIGO
    フォックス:アンジェリーナ・ジョリー/湯屋敦子
    スローン:モーガン・フリーマン/坂口芳貞
    ペクワースキー:テレンス・スタンプ/大木民夫
    クロス:トーマス・クレッチマン/原康義
    ザ・ガンスミス:コモン
    クリステン・ヘイガー
    マーク・ウォーレン
    デヴィッド・オハラ
    ザ・エクスターミネーター(ザ・Xターミネーター):コンスタンチン・ハベンスキー
    クリス・プラット
    ローナ・スコット


■ スタッフ
    監督:ティムール・ベクマンベトフ
    脚本:マーク・ミラー
    製作:マーク・E・プラット、ジム・レムリー、ジェイソン・ネッター
    製作総指揮:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム、ガイヤー・コジンスキー、アダム・シーゲル、マーク・シルヴェストリ
    原作:マーク・ミラー、J・G・ジョーンズ
    原案:マイケル・ブラント、デレク・ハース
    脚本:マイケル・ブラント、デレク・ハース
    撮影:ミッチェル・アムンドセン
    プロダクションデザイン:ジョン・マイヤー
    衣装デザイン:ヴァルヴァーラ・アヴジューシコ
    編集:デヴィッド・ブレナー
    音楽:ダニー・エルフマン
楽天レンタル< 無料で最大8枚までCD、DVDがレンタルできます >
楽天レンタル

ウォンテッドは実は、アンジェリーナ・ジョリーが主演かと思ってました(笑)

違うみたいですけど、ウォンテッドの見どころと言えば、アンジェリーナ・ジョリーだと思います(笑)

アンジーのかっこよさと美しさはさすが!

感想としては、ストーリー的にはそこまでとりたてて目新しいということはないですけど、アクションシーンは個人的には凄い好きでするんるん

ちょっとハチャメチャな感じがしますけど、それがまたよかったです。

アクション映画が好きで、アンジェリーナ・ジョリーが好きなら見ておいて損はしないと思います。

しかし…吹き替えでDAIGOが出てるらしいんですけど…吹き替えで見るくせがないので、とりあえずそっちは保留です(笑)

ウォンテッド予告篇


映画ウォンテッドDVD評価は

★★★★(★5つ満点)

posted by thor at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画タイトル あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115433641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。